安全第一な取引

債務整理の人気ランキング > 投資 > 安全第一な取引

安全第一な取引

とうとう始める時という場合では、第一に事前対策をしなくてはいけません。

 

取引を始める前であるならば、その物を客観的に見ることのできる余裕がある。

 

ところが、市場の中に深入りすると、どうしても見え方が主観的になる場合があり重要な時に真っ当な判断を下せなくなる危険があります。

 

だから自分自身の頭が合理的な間に準備する事が重要です。

 

その"準備"とは、最初はあなただけの台本を書くことからスタートする。

 

将来のマーケットはああだからユーロを買う(あるいは売る)といった、自分だけの筋書きを書いていきます。

 

次はローソク足チャートをチェックしましょう。

 

今までの為替相場の上下を調べて現時点の位置を確認する。

 

そうしたら、「現在はなかなか安すぎる段階である」とか、もしくは「大多数の人が買い(あるいは売り)に動いているから今さら自分か売り(または買い)してもすでに遅すぎるな」などと納得できます。

 

当然、今さら取引するのが遅すぎるなと感じたら何もせず、それはすっぱりと割り切ることが大事です。

 

自分の物語を押し通して割り切らずに注文すると、相場に押し返されて、むしろ損害を受けることになる危険性があります。

 

そうは言っても大体の場合、用意周到に筋書きを思い描いていると売り(または買い)が遅すぎるという状況にはならないだろう。

 

リアルにマーケットが動き出す前のはずだからです。

 

その次にまずは自身が売り買いしようとしている通貨ペアの上下動を正確にチェックすることが必要です。

 

例としてドル高が進むはずだという筋書きを作ったのであればその通貨の上げ下げに注目しておくことだ。

 

外国為替相場の上下動を気をつけ始めた状況ではその外貨は誰の眼にも明らかに変化する雰囲気を見せず、ちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

だが、その変動を注目しているとある場面でゆっくりと、ドル高へと動き始めてくる。

 

この状況でドル買いのエントリーします。

 

通常は、十分に事前準備をやっておけばその取引で儲ける確率はぐっと高まるはずだ。

 



関連記事

  1. 安全第一な取引
  2. テスト