勝つか、負けるか

債務整理の人気ランキング > ビジネス > 勝つか、負けるか

勝つか、負けるか

FX投資初心者の方が相場の大切なところを探し出すためには、まずトレードを積み上げる事が不可欠です。

 

とりわけ、未然にピンチを嗅ぎとるようにするようになるには、ポカを積み重ねることも経験のひとつです。

 

ただし、損をするといっても立ち直れなくなるほど重大な負けをする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいのミスを幾度か実践する事が結論として自らのレベルを上げてくれます。

 

そう考えると初めは少ない資金でトレードを行ない何回か小さな失敗をすることをおすすめする。

 

100万円しか投資する事が出来ない状態で、最初から一円も残さないで投入して売買するとマイナスになった時今後元に戻せない可能性があります。

 

それよりも、ひとつの例として10%ずつ分割してトレードを行ない、ここで勝ち負けを経験した方が次第にミスを減らす技術なども身についていくはずです。

 

まず少額資金でエントリーする事の良い点は、前述したように、自らの体験を増やしミスを制御する方法を習得していく事にありますが、それと一緒に、売り買いの回数を重ねてリスクを減らせるという価値もあります。

 

1度限りのエントリーで儲けられる可能性が5割だと考えます。

 

同じ条件でマイナスになる危険性もあります。

 

勝率50%ということは二分の一の比率で利益が出る事を意味しています。

 

だが、全てを投資してトレードをするということは、勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

それでは1回だけの丁半バクチと同じです。

 

つまり、全ての資金を賭けて1回だけしか売買しないとその分だけ大損する比率が高くなってしまいます。

 

だから、投資資金を1度に全部使うのではなく、少しずつ分けて、機会を積む事がリスク分散となります。

 

同時に少しずつ分けたとしても、全てのトレードで勝つ事は不可欠ではありません。

 

むしろ、勝つことが出来ないのが実際です。

 

売り買いで大切なのは、勝ち負けの回数ではなく、いくら利益を出すかです。

 

勝半5割でも、たとえ勝率3割でも稼ぐ事は出来ます。

 

5割以上負けても損益が小さければ、3割の勝利の利益だけでうまく儲ける事が出来ます。

 

そのためには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を肝に銘じる事です。

 

損失が生じたら直ちに損切り注文して反対に勝てる場面では上手にプラスにする事が、外為取引初めての方が為替でプラスになるための手段です。

 



関連記事

  1. 勝つか、負けるか
  2. テスト